ガーデニングを好きになる|花の苗木から育てることで初心者でも綺麗な花を咲かせられる

花の苗木から育てることで初心者でも綺麗な花を咲かせられる

園芸道具

ガーデニングを好きになる

ウーマン

初心者の方がガーデニングを始める時に失敗しがちなのが、種から育てる方法です。品種によっては種からでも育てることができますが、殆どの場合で種から花を育てるのは中々大変なことだと思います。意気揚々とガーデニングを初めてみたけど、中々うまく行かずに途中で諦めてしまった方も少なくは無いでしょう。やはり、最初は成功体験を積むことで楽しみを見出していくのが一番です。自分で育てて花を咲かせることができた時の喜びは大きく、きっとガーデニングが好きになります。そこで初心者に紹介したい方法が花の苗木から育てることです。苗木から育てる方法なら、初心者でも簡単に育てることができるので、ガーデニングを好きになることができるでしょう。まず用意するものが、鉢、元肥、用土、追肥などです。スコップなどもあれば便利でしょう。育て方の流れとしては植え込み、摘芯、水やり、追肥です。水やりと追肥は繰り返し行います。鉢に苗木を植える際は、優しく根をほぐしてから鉢の中心に植え増す。水捌けの良い土が適しているでしょう。水を管理する為、土は鉢の八分目くらいの一でとどめておきます。植え込んでから二週間から三週間くらいは新芽を着る摘芯を行いましょう。鉢からはみ出した新芽をハサミで切り落とします。鉢全体が葉で覆われるまで繰り返すことが大切です。水やりのコツは土が乾いてきた時に優しく根本にたっぷりとあげます。花の苗木が崩れないように優しく水をやりましょう。週に一回か2回液体肥料を追肥すると成長も良くなります。花が満開に咲いた後は、先終わった花はこまめにハサミでカットしていきましょう。こうすることでまた、花を咲かせることができるのです。